妊娠中 シミ スキンケア

妊娠中の消えるシミ、消えないシミ

妊娠中はプロテスゲロン(黄体ホルモン)が大量に分泌され、その影響で「日焼けをしやすい肌」になります。

 

今までシミなんてなかったのに、妊娠をしたらシミやそばかすができてしまった!!
体の具合がしんどくて、お肌のお手入れを怠ってしまったから?

 

と、ビックリされる方が多いかと思います。

 

このままシミ顔になってしまったらという不安もつのります。

 

この女性ホルモンによって出来たシミは産後、ホルモンバランスが整うと共に消えていきます。

 

ホルモンによるものが「消えるシミ」。
ちょっと、ひと安心ですね。

 

ただ、紫外線対策を怠ると「消えないシミ」が発生します。

 

「日焼けをしやすい肌」になっているために、メラニン色素が大量に生成され、シミも大量発生してしまうということです。
妊娠中で様々な不調に悩まされるあげくに、シミ顔では気分もめげますね。

 

 

「消えないシミ」を作らないためには、妊娠中も安心して使える美白コスメでのお手入れが必要です。

 

 

 

妊娠中,シミ,スキンケア 妊娠中も安心して使える美白コスメ

妊娠中できやすいシミ、ソバカスのお肌のケア

妊娠中は妊娠を維持するために女性ホルモンのバランスが変わります。
そのためにさまざまな肌トラブルや体の不調が起きます。

 

特に多い肌トラブルに「シミやそばかす」があります。

 

妊娠中は女性ホルモン(黄体ホルモン)が大量に分泌されるためメラニン(肌に色素沈着)を促す作用があるために
「シミやそばかす」ができやすくなります。
また妊娠中はふだんよりも肌が過敏になっているので紫外線対策がより必要です。

 

紫外線対策としては

 

★日焼け止め
★日傘や帽子の活用
★ビタミンCを多く含んでいる野菜や果物を積極的に摂る

 

ホルモンバランスが通常に戻る産後には薄くなるといわれていますが、色素沈着を起こしやすくなった部分はより濃くなる可能性もあります。

 

シミが定着してしまわないように、日々の美白コスメでのお手入れも合わせて行うと効果的です。

 

多くの美白コスメは、初期のシミに対しての効果には期待ができます。

 

美白コスメというのは予防用の化粧品なんですね。

 

妊娠中から美白スキンケアでお手入れをしていれば、産後もきれいなお肌でいられるでしょう。